楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

地図

ブログ

インスタグラム

blog
ブログ

カレンダー

2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

スタッフブログ

2023/01/13
オーシャンブルーか
投稿者:代表君野

建設業界は大手の会社を中心に海外へ進出しようとしています。

 

今に始まったことではないのですが、この動きが今後加速するかもしれません。

 

その背景にあるのは、言わずと知れた深刻な少子化の影響があるからです。

 

それは何も建設業界だけに限ったことではありません。すべての産業が今後

 

影響を受けて統廃合や吸収整理される運命にあります。

 

企業人は早くから将来を見通し、それならば海外だろうと目先を定めています。

 

事実大手住宅メーカーはここにきて、より一層海外に目を向け始めています。

 

日本の住宅メーカーの家造りは海外で高い信頼性があり、評判が良いのです。

 

デザインが良いこともあります。

 

地震国日本の建築は幾たびも大地震を経験して、相当高い基準で造られています。

 

新潟地震、阪神大震災、東日本大震災、近いところでは熊本地震と何年かおきに

 

壊滅的な被害を受けてきました。その教訓を無駄にせず、丈夫な建築を造ること

 

につなげていったのです。

 

事実海外の建築や土木構築物を見ると分かるのですが、橋脚や柱、梁の太さが明

 

らかに大きいのです。同じような規模の建築であれば2割くらい太いのではと思い

 

ます。例えば70センチ角の柱で造られたビルであれば、日本では85センチ位に

 

はなるでしょうか。

 

そんなグローバルな視点は勿論知っておくべきでしょうが、私達は地元企業として

 

地域に貢献するために存在していると考えています。ですから急に何か対策を考え

 

なければならないという事はありません。時代についていきながら今までのように

 

安心して住める家造りの理念は変りませんね。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.