楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

地図

ブログ

インスタグラム

blog
ブログ

カレンダー

2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

スタッフブログ

2023/01/15
続1
投稿者:代表君野

日本の住いが欧米と比べて寿命が短いという事はよく言われます。

 

今日本の家は30年位で建て替えられているでしょうか。あくまでも平均値のこと

 

ですから個々には100年を超えるような家も存在しているのです。

 

欧米の家が70~80年住み続けることを考えると、半分位の寿命という事に

 

なります。

 

昨日の「新築してから後悔すること」という話をしましたが、住まいの寿命とは密接

 

に関係があります。間取りと収納に後悔していることが最大ですが、ある意味で当然な

 

ことではあります。なぜそうなのかというと、新築当時の生活スタイルと今とが大幅に

 

違ってきているからです。

 

洋式の生活スタイルが主流になりテーブルでの食事やベッドでの就寝が当たり前、タンス

 

はもはや洋服収納の役割を終えています。

 

すると自ずと家の造りかたも変わってきますね。それともう一つは子供が家を出ていくと、

 

大きな家に夫婦二人の暮らしが待っています。

 

部屋数を確保する間取りでは、子供部屋は物置部屋になってしまいがちです。

 

それから次に後悔することで多いのが、暑い、寒い、風通し、結露のことになります。

 

これは時代的な背景を考えると理解することが出来ます。

 

今現存する古い住宅は断熱の性能は無いと言っていい位の家です。昭和55年規制や

 

平成4年基準、平成28年基準、そしてZEH基準が出来てやっと快適な家が出来

 

る時代になったのです。

 

さらにこの基準はレベルを上げることが決まっており、いっそう既存の家との差が大きく

 

なりそうです。また30パーセントくらいの人が耐震性や耐久性に後悔をしています。

 

これも時代の背景があって、そのようなことになったといえます。旧耐震基準から新耐震

 

基準、更に阪神大震災をきっかけに現行基準が施行されたのです。

 

そのように色々と施策が変ることによって、家造りの方法も変ってきたのでした。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.