楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

ブログ

フェイスブック

インスタグラム

tel.099-275-1710 8:30~19:00 水曜日定休

資料請求・メールでのお問い合わせ

blog
ブログ

カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

スタッフブログ

2020/11/19
木材の乾燥4
投稿者:代表君野

木材を乾燥することは、家を丈夫に狂いが少なく品質の良いものにするため

 

と言っていいです。ただしその乾燥の仕方には十分に気をつけなければなりませんね。

 

ですが家を造るエンドユーザーが木材の乾燥の仕方なんて知る人がいるでしょうか。

 

もし知っているとしたら余程マニアックな方ではないでしょうか。

 

その木材の乾燥の仕方ですが大きく分けて二つあります。

 

一つは自然乾燥、もう一つは人工乾燥というやり方です。

 

自然乾燥は山で切り出した木材を、長いこと時間をかけて自然に乾燥させるものです。

 

かたや人工乾燥は大きな窯の中に木材を入れ込み、100度以上の熱風と蒸気の嵐を

 

浴びせて乾燥させやり方です。乾燥期間は5日間ほどで上がってきますので、大変コスト的に

 

助かります。実はこの人工乾燥の仕方が今大きな問題を抱えています。

 

あまり一般の人には知られていないことがむしろ問題なのですが。何といっても

 

木の持つ油分や色艶、エキスが乾燥とともに飛んでしまうのです。

 

木の持ついい香りもほとんどしなくなりますし、木の優しい肌さわりも失われ、

 

しっとりとした潤いの無いものになってしまいます。もし機会がありましたら是非手を

 

木材に触れてみてください。その違いにすぐ気付くことでしょう。私たちはこのような木を

 

「ミイラの木」と呼んでいます。さらに100度以上の高温乾燥機の中で、木材の持つ

 

瑞々しい細胞は破壊され尽してしまいます。

 

その結果どうでしょうか、木の持つ数々の特徴は無くなり、くすぶった色をした木

 

はもはや木とは呼べません。悪いことに人工乾燥された木は、白アリが好むものに

 

変わりますのでこちらも心配です。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.