楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

ブログ

フェイスブック

インスタグラム

tel.099-275-1710 8:30~19:00 水曜日定休

資料請求・メールでのお問い合わせ

blog
ブログ

カレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スタッフブログ

2021/01/12
仕事が一番楽か
投稿者:代表君野

夫婦で働くことが今や当たり前の時代になりました。

 

「男は外で仕事に専念するから、女は家庭を守ってくれたらいい」なんて

 

死語に近い言葉です。まあそのような家庭もあるのでしょうが。

 

実際のところ若い世代の人は家事を手伝い、二人で分担してやることに

 

理解があるようです。理解はしても行動が伴うかどうかはまた別な問題ですね。

 

偉そうなことは言えません、私も年に2~3回茶碗を洗えばいい方です。

 

仕事で帰りが遅い、ほぼ一人で家計の経済を賄っているから、やりたくても

 

できないのです。書きながら「あっ、これは昔のご主人達が言う言葉だった」と

 

気づくのですが。

 

昔の価値観で育ってきていますので、なかなかこのような考え方から

 

脱皮できないです。夫婦で同じように働き、帰りも同じように帰ってくる

 

夫婦ですと、奥様の負担は過重なものになってくることは自明ですね。

 

旦那さんだけが外で働いて、奥様は専業主婦として夫を支えた人がいます。

 

旦那さんは一生懸命働き、何不自由なく家族は過ごすことができた家庭です。

 

旦那としては、俺が家族を養い責任を果たしてきたんだという自負があると

 

思います。それは真実だとしても、それを口に出して言うことはできませんね。

 

考えてみたら奥様の家事は実に多く、食事の世話、洗濯、掃除、子供の世話、

 

近所付き合い、PTAの行事、買い物、実家との付き合い、ざっと考えても

 

これ位はすぐ思いつきます。

 

細やかで面倒な多ものが多く、とても男性が器用に立ち回って出来るもの

 

ではありませんね。食事の献立は毎日3度3度の事です。

 

それだけで頭がいっぱいになりそうです。先日女帝と言われる

 

人気キャスターがTVで言っていましたが「仕事が一番楽ですよ」と。

 

仕事をする男性に向けて言ったものですが、ドキリとしませんか。

 

日々家事や雑用に追われる奥様に少しでも協力したいですね。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.