楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

ブログ

フェイスブック

インスタグラム

tel.099-275-1710 8:30~19:00 水曜日定休

資料請求・メールでのお問い合わせ

blog
ブログ

カレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スタッフブログ

2021/02/19
続、恩師の訪問
投稿者:代表君野

その日は仕事を終えて、事務所の大きな灯油ストーブを囲みながら、先生と話し

 

をすることになったのでした。

 

晩秋のころでひどく寒かった記憶があります。

 

薬缶はしゃんしゃんと沸き、話しは尽きませんでしたが、「君達が会社で

 

一生懸命働き貢献することで、また後輩が後に続くことが出来る」ということを

 

説いてくれたように思う。

 

戦後就職先がない頃に、苦労して開拓してきた先生だけに思いはいつもそこにあることが

 

分かります。事実多くの先輩が会社に名を連ねていて、毎年一人~二人の卒業生が

 

入社していたのでした。その後先生の教え子である小倉所長の下に配属になり、

 

同窓の有難さを感じたのでした。

 

年上の同僚からは、学校の先輩、後輩の関係は特別だから、何かにつけてお世話になれば

 

いいと言われます。

 

ただ駆け出しのころで所長と直に仕事の段取りや、工程の確認等の話をする

 

わけではありません。

 

まだ若くて経験も力量も不足していて、もう少し時間が必要なのでした。

 

さて時間を忘れ話し込んでいると、もういつの間にか深夜になっていました。

 

すると先生は、ここでいいから泊めてくれないかと言うではありませんか。

 

6帖一間の寒い部屋に、それも現場に先生を泊めるわけにはいかないと、

 

子供ながらに思ったのでした。

 

それで近くのエアポートホテルまで送り、翌朝また早くお迎えに行き見送ったのでした。

 

その後事情があって、私は25歳で帰郷しなければならなくなり、鹿児島での生活が

 

始まりました。先生の年賀はがきには「遊びに来いよ」といつも書いてくれていました。

 

いつかいつかお伺いしようと思っているうちに、先生はあっけなくこの世に、お別れを

 

告げたのでした。このことは今となっても後悔しきりの思いです。短いあっという間の

 

人生は4の5のと言っている暇はないです。思い立ったらすぐ行動することですね。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.