楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

地図

ブログ

インスタグラム

blog
ブログ

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

スタッフブログ

2021/06/01
思いがあるか
投稿者:代表君野

私たちが物を買うときは、必要に迫られてのことが多いですが、そればかり

 

ではありませんね。触発されたり、その場の勢いでいつの間にか購入している事が

 

あります。先日仕事で霧島まで行きましたが、測量を終わり帰る時は地元のお酒を

 

買って帰ろうと決めていました。その酒は焼酎の「心」という銘柄です。隼人町限定

 

商品で広く出回っている訳ではありませんので、知らない人もいると思います。

 

何年か前に貰って飲み始めてから、すっかりファンになっています。

 

呑みやすくやや甘口ですが、口当たりがいいので私には合っています。その日も「心」

 

を2本買って帰ろうとしていました。番台の所にいた女店主と思われる方は、最初

 

物静かな様子でした。店内の陳列された焼酎をあれこれ見て回り、買いあぐねていると

 

おもむろに声をかけてきました。「その焼酎は10年蔵出しで、味わいのいい焼酎ですよ」

 

と。包装のデザインにも惹かれましたが、蔵で10年寝かせていたと聞くと、いいものに

 

違いないと思いましたね。「地元の酒屋さんが心と手を砕いて作り、ゆっくりと

 

寝かせたもので、希少な焼酎なんです」と焼酎のうんちくを語り始めたのです。

 

「焼酎には糖分がありません、酒と違い糖尿病の心配がなく、安心して飲めるんですよ」

 

と言い「焼酎のあてには、甘い物が相性がいいので食べながら飲んでみると

 

おいしいですよ」と話し、いつの間にか聞き入っていました。

 

幻の焼酎「森伊蔵」や「魔王」の値段は、なぜプレミアムが付くのか、その販売戦略の話は

 

は興味深いものでした。物が売れるということは、何か特別感や、価値感、希少感を

 

お客様が覚えた瞬間に手にしているものですね。

 

品物のうんちくや誕生秘話を聞くと、買わずにはいられませんね。

 

それから伝える人のことを「この人は詳しいプロの人だ」とお客様が思ってくれることも

 

大事なことです。結局店を出る時には、名酒を3本手にしていました。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.