楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

地図

ブログ

インスタグラム

blog
ブログ

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

スタッフブログ

2021/06/10
変遷
投稿者:代表君野

今や建築の図面を書くのにCADは欠かせなくなりました。

 

その進歩は著しく年々バージョンは上がってきています。作図において初期の頃の

 

物は、大きな広いドラフターに原稿用紙を置いて、実際に現物として書き上げて

 

行くものでした。それまで手書きで人間が書いていましたので、これを見た時は

 

驚きましたね。実際に器械が鉛筆を握り作図してくれますので、見とれるような思いで

 

した。ジィ、ジィーと音を立てながら線が描かれるので、綺麗で早い図面が

 

出来上がります。人間の手による手書きは線の濃淡を、手の力加減と鉛筆の選択でかき分けて

 

いたのです。それで描きだされた線は生き生きとして、図面に命を吹き込まれたような見事な

 

図面に仕上がるのでした。たかが一本の線ですがされど線、職人的な技能で描く設計者も

 

いたのでした。それぞれ個性のある図面は、どこの設計事務所の作品だなと分かった

 

ものです。それで初めてCADで出来た図面を見たとき「何とのっぺらとした図面だ」と

 

感じたのです。

 

抑揚のない線には、平板な印象が強く、慣れるのに時間が必要でしたね。

 

一方でCAD図面は正確で、統一された記入は間違いが少なく、安心感はありました。

 

誰が書いても(オペレーター)一様で、ばらつきがなく書かれた図面は信頼のおけるものに。

 

器械が作図するわけで、至極当たり前なことですが。

 

その後程なくしてモニターでの作図になり、コピー機で印刷されるような今のやり方

 

になってきたのです。かつて事務所にあった大きなドラフターや青印刷機は、もうずいぶん

 

昔に消えてしまいましたね。今はビジュアルな表現と3Dも出てきて、

 

更に進化してきています。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.