楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

地図

ブログ

インスタグラム

blog
ブログ

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

スタッフブログ

2021/09/14
相応の動き
投稿者:代表君野

日常業務でイレギュラーなことが起きるのは、仕事をしている限り避けて通れませんね。

 

起きないに越したことはありませんが、仕事は自分一人で回しているわけではありません。

 

起きたらいち早く解決の道を考えて、今の苦しい現状を脱出しなければと思うのです。

 

言うは易し行うは難しの現実が横たわりますが、何とか歯を食いしばってやる以外ないと

 

思うのです。そのような事例は今まで沢山経験してきました。全然自慢できる事ではありま

 

せんね。恥ずかしい一例は住宅建材のトラブルですね。竣工がもう目の前に迫ってきている

 

のに、材料が足りない事、あるいは品物が壊れてしまって、工事が進まないことがたまにあ

 

ります。苦しいですねこの様な状態に陥ると。商業建築等で開店日が決まっていると、大袈

 

裟ですが生きた心地のしない日々を送ることになります。でどうするかというと、メーカー

 

に問い合わせを先ずすることになります。まず在庫があるかないかの確認です。こういう時

 

に限って無いのです。それで福岡、大阪あちこち全国の営業所に置いてないか探してもらう

 

ことになります。すると「やっと一個見つけました」という返事をもらった時の有難さ

 

は格別にうれしいものです。しかし納期が3~4日を擁して間に会いそうにありません。そ

 

れで「航空便で送ってくれ」と指示してギリギリで間に合ったのです。よく航空便にはお世

 

話になった記憶があります。泥臭いやり方ですが、人間的な対応で救われたのです。

 

話は変わりますが、先日水道工事で緊急を要する事態が発生しました。部材が壊れて上水道

 

がストップしたのです。多くの入居者が水を使えない事態はまさに緊急事態です。

 

問い合わせをすると「通常入荷は5日後になります」というつれないものです。部材がある

 

なら送ってくれないかと言うと、「そのような扱いはしておりません」とまたまた

 

冷たい返事が返ってきます。なぜ出来ないのか不思議です。緊急時は平時と違います。それ

 

相応の動き方があっていいと思っています。そのようにして多くが救われてきたのです。

 

人に知恵がないのか働かないのか、あるいはそのような事はそれこそイレギュラーでシス

 

テムとしてやらなくなったのでしょうか。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.