楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

地図

ブログ

インスタグラム

blog
ブログ

カレンダー

2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

スタッフブログ

2022/09/18
忘れている
投稿者:代表君野

10月1日からはいよいよ30周年に入ります。ここ迄一年一年は長かった思いがあります。

 

それでも振り返るとあっという間の29年でしたね。

 

経営は何も分からないうちにスタートしましたので、右往左往しながら船出したのでした。

 

その間の気付きや悩み、成功したことが書かれたノートがあります。

 

あまり読み返すことはないのでしたが、台風の影響で午後から上がり時間が出来ました。

 

6冊ほどの大学ノートには当時の感想や反省点、嬉しかったこと等が書かれてあり当時の

 

心境がよみがえるのでした。

 

仕事が中心ではありますが、家庭の事や級友、田舎の両親までとりとめのない文章や要点

 

だけを記入したものまで自由に書かれています。

 

誰かが読むことを想定していませんので、特に気を付けて書く必要がない分、正直でとき

 

には攻撃的な感情を吐き出しています。

 

万年筆で恩師の先生がキャップを抜き、すらすらと書き始める姿を見て、子供心に何とカッコ

 

イイんだと思っていました。

 

それで万年筆は欠かせずに持っていて、折々に手に取り書いていたのです。

 

そのペンで書かれたものを読むに感想を一言で言うと、当時の自分は未熟だったんだなと

 

いう事です。

 

今では何の不安も緊張感もなくやれていますが、創業して日の浅い自分は何もかもが

 

うまく出来なかったのです。それでストレスを覚える日々が沢山あったのでした。

 

自信を無くし、あるいは不安に駆り立てられるように顧客先を回っている様子

 

が書かれています。

 

ときには泣き言が出たり後悔の思いを綴り、次は絶対に失敗しないぞと強い決意とも

 

反省文ともつかないようなことも書いています。

 

技術屋としての自分は20年の実務を経験してきて、どのような建築でもやれる自信は

 

あったのです。しかし「経営する」という実務は育んでこなかったのです。

 

創業すると最も大事なのは営業という事を改めて知りましたね。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.