楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

ブログ

フェイスブック

インスタグラム

tel.099-275-1710 8:30~19:00 水曜日定休

資料請求・メールでのお問い合わせ

blog
ブログ

カレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スタッフブログ

2021/02/15
新築か中古か
投稿者:代表君野

中古住宅は今あちこち売りに出されて活況を呈しています。

 

建築後25年、あるいはもっと古いものも出回り買い手にとっては

 

沢山の中から選べる良さがあります。

 

土地の値段で手に入ることもあり、いい物件に出会い買うことが出来たら

 

得をしたような気分になりますので人気があります。

 

他に中古市場では業者が買い取り、全面的なリフォームをしてから再販している

 

ところもあり、付加価値次第では新たな成長市場になりそうです。

 

カチ〇スといういい名前の会社は,そのようなやり方を得意として伸びてきた会社です。

 

マンションでもリノベーションして水回り商品や建具、クロスを新しくすると

 

新築と変わらないくらい綺麗になります。一戸建同様こちらも人気があり販売されると

 

すぐ売れてしまいます。

 

それでは中古住宅は何も心配することなく誰でも買えるのか、と言うとそうでも

 

ありませんので,いくつかのポイントとなる点を是非知ってもらいたいです。

 

大きく3つ位に気を付けて買うことが出来ればいいかと思います。

 

まず一つ目は築年度を知って買うということです。

 

阪神大震災が起きて、既存建築の弱いところが露呈して被害が甚大なものとなりました。

 

あれほどの烈震ですと、倒壊した家と損傷の少ない家、被害の無い家の違いがはっきり

 

しますので、改善すべき方向性がはっきりしたのです。

 

ですので今の基準となっているのは、「阪神大震災クラスの地震が来ても倒壊しない」

 

という行政の目安が決められました。耐震強度1,2,3と基準があって、1.25倍、

 

さらに1.25倍と耐震強度を増した家を造るようにしたのです。

 

ちなみに長期優良住宅は耐震強度2になります。中古の家を買うときは、阪神大震災以降に

 

出来た家かも一つの基準ですね。

 

ただしそれ以外でも強度対策はありますので、詳しい人に相談するといいですね。

 

後の二つはまた次にお知らせいたします。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.