楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

ブログ

フェイスブック

インスタグラム

tel.099-275-1710 8:30~19:00 水曜日定休

資料請求・メールでのお問い合わせ

blog
ブログ

カレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

スタッフブログ

2021/02/16
新築か中古か2
投稿者:代表君野

住まいを買うときに中古住宅を選んだ場合、気を付けることが3つあるということを

 

言いました。一つは阪神大震災以降、構造強度の基準が改定されて、強い家が標準

 

となったからです。できれば新しい基準に合った家がいいですからね。

 

しかし全部の中古住宅が新しい基準ではありませんので、購入後には強度対策をすることを

 

お勧めします。

 

二つ目ですが省エネルギーの観点や二酸化炭素排出規制の関係から、断熱気密の高い住まいを

 

お勧めするということです。これからの住まいを健康で安全、安心に住まうには部屋によって

 

寒暖の差がないようにすることが求められています。

 

日々住み心地のいい、体に負荷のかからない家は人が長寿に暮らせ、安心することの出来る

 

家になるからです。

 

理想的には次世代省エネルギー基準に合った家がいいですが、まだそこまで配慮した家が

 

中古住宅に数多く出回っているわけではありません。

 

そうであれば構造強度と同じように、買った後に断熱、気密改修工事をすることで快適な

 

家に生まれ変わることが出来ます。

 

ただし断熱、気密工事は一部分を回収しただけではあまり効果が期待出ません。

 

なぜなら住まいは一つにつながっているからです。

 

全館を魔法瓶のごとく効かすには、断熱気密を全面的に改修しなければなりません。

 

しかし費用の面でそこまで掛けられないとすれば、重点的にしっかりと区画を分けて

 

他からの影響をなくす必要があります。

 

区画内のサッシュ、断熱、気密工事を高い品質で施工することで、快適性の

 

優れた家になります。

 

最後はシロアリ被害と雨漏れ被害を起こしたことのない家です。

 

あるいは予防工事がなされている、雨漏れがあったとしても十分に改修工事がなされ、

 

今後その心配のない家になります。

 

木造住宅は法隆寺に代表されるように、シロアリ被害と水漏れによる木材の

 

腐食を防ぐことが出来れば、極めて長きに亘り住むことが出来るのです。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.