楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

地図

ブログ

インスタグラム

blog
ブログ

カレンダー

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スタッフブログ

2021/07/15
暑さの解消策
投稿者:代表君野

輻射熱が最も家の暑さ寒さに影響するという事を言いましたが、日本の断熱の要点は

 

相変わらず、断熱材による対策が主流です。75パーセントもの輻射熱(昨日書いた)

 

を防御する有効な手立ては、遮熱が圧倒的に有効なのですが、勧めてもいないものを

 

採用する会社は、相変わらず少ないですね。遮熱という概念が無いのか、あるいは

 

分かっていても対応できない事情を、抱えているのかもしれません。

 

ここら辺の事を遮熱シート(純正シート)の販売に関わる㈱〇武の社長さんは、上手に

 

説明しています。

 

長年日本の断熱に関する規定は、断熱材でしか対応できないような仕組みがありました。

 

そもそも遮熱という言葉さえ建築業界になかったのです。最近遮熱の文言だけは入って

 

きましたが、今でも基本的に断熱材でしか評価されていません。

 

数ある断熱材は、発砲系、グラスウール系、ロックウール系、セルロース、羊毛とあります

 

が、この中のどれかで新築や断熱改修工事もされます。

 

良いものを輸入代理店となって、アメリカから輸入して徐々に遮熱の良さを底辺から認知

 

させてきたのです。役所の体質を辛辣な言葉で批判してきたのですが、最近物分かりのいい

 

人になってきました。誰かの進言があったのかもしれませんが、「断熱業界で働いている

 

人は相当いる。その人達にも家族がいて生活が営まれている」と言ったのです。

 

また「役所も短兵急には業界を見捨てるわけにいかないだろう」と言うのです。

 

間違いなくいい物であるがゆえに、何年かかっても変わらない役所の姿に、憤りの言葉を

 

掛けていた方でした。その変化には驚きますが、やはり揺るがない自信と確信があっての

 

ことです。「役所が動かないなら、我々が実績を積み上げて実証して見せよう」とした

 

のです。底辺の消費者の声が大きくなるに連れて、役所も変らざるを得ないだろう

 

ということです。まさに横綱相撲を取っているのです。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.