楽しい家のスタッフが日々豊かで楽しい家をつくるためののコラムを更新中!

地図

ブログ

インスタグラム

blog
ブログ

カレンダー

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スタッフブログ

2021/07/19
梅雨の日が
投稿者:代表君野

鹿児島の梅雨は明けましたが、まだすっきりとした天気がやってきませんね。

 

不安定な天気がまだしばらく続くのではないでしょうか。そういえば戻り梅雨

 

があったり、梅雨明けを宣言できない年もありましたので、これからの天気がどう

 

変わるのか注意していたいです。梅雨の特徴は、長雨が続いて湿気の多いことですね。

 

洗濯物が乾かない事や、体にまとわりつくような重たい湿気は、じめっとしてあまり

 

いい気分ではありません。

 

梅雨はこんなものだと、自分に言い聞かせるのもいいですが、出来るならさっぱりと

 

した空気の家で過ごしたいですね。「クーラーを入れたら涼しくていいですよ」と

 

いう人もいます。しかしクーラーの冷気は苦手で、体を冷やすと体調を壊してしまう

 

ので、必要最低限しか利用しませんという方は多いです。

 

梅雨や夏の不快感は湿気の多いことによりますが、家の造り方で

 

違ったものになりますから知っておくといいですね。それは柱や梁、板張りの割合を

 

増やし、可能な限り室内にそれを露出させることです。木材の力を借りて調湿の作用

 

を働かせるのです。床板から天井までふんだんに木で造られた家は、室内の湿気を

 

見事に吸湿してくれるのです。住み始めた人が体感として言うことがあります。

 

自然素材は色々良いことがありますが、「一番の良さは梅雨でもじめじめとした感じ

 

がなく、さっぱりしていることです」と言います。

 

地域で育った木を使うことで快適になるなら、やってみたいと思いませんか?

 

しかしそのような家を造るとき、気を付ける点が幾つかありますのでお話しします。

 

まず一つは生きている木を使うということです。それは細胞の壊れていない木の

 

事を言っています。平たく言うと自然乾燥したものを選ぶということです。

 

間違っても人工乾燥木材を手に取ってはいけませんね。

 

それから集成材、表面にコーティングされた物は自然素材とは似て非なるものです

 

ので、これも使えませんね。

▲ページの先頭へ

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright© 2017 株式会社 楽しい家. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.